お手伝い。

2016/03/21 Mon 22:37

早朝…5時過ぎに拓ボンが来た。
静かに入ってくれば良いのに
普通に来て施錠も音を立ててドアの開け閉めも普通…。
朝なんだから気を使えよ。と私の心の叫び。

何かあったのかと起きて部屋から出ると
拓ボンはソファで寝ながら本を読んでた。
話しを聞けば昨日の夜中に釧路に戻って来たらしい。
でも今日は部活があるから
ばあちゃんにお弁当を作ってもらってから出掛ける。って。
勝手なヤツだ。

けどすでに拓ボンのばあちゃんはハナウタ唄いながら
台所でお弁当のおかずを作ってました。
自分の母親が作ると野菜が多いらしい(笑)。
でもばあちゃんのお弁当は「俺の嫌いなもの」が入っていないんだと。

母は変ったな。
私が学生だった頃お弁当の日に作ってくれたものは
かなり手抜きだった気がするけど
孫になると違うのね。

午後からは職場の人が内職を持ってきたので手伝いです。
一度やり始めると時間を忘れてしまうほどのめり込むので
瞬く間に…一日は終りました。

明日からまた自分との戦いが始まります。
スポンサーサイト
natsu | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
なつさん おばんです。

どらどら・・・どこだ喧嘩相手は・・・・・・
ひげさん。
おばんです。

職場ではタンパラにならないように
自分を抑えてます。
その葛藤がつらい…(笑)。

管理者のみに表示
« 3日ぶり。 | HOME | 車中。 »