なつの出来事。

毎日のしょうもない出来事です。




側近さん。 :: 2017/11/10(Fri)
先日、休憩時間にいつものように
自販機でカップのコーヒーを買おうとすると
20代の女子従業員さん2名が話し掛けて来た。
パッと見ると何か怒っている感じの態度なので
思わず一歩後ろに引いてしまった。

「あのさーボーナスはいつさ?」
「で、忘年会はあんのかい?」…って。
「全く私達にはわからないんですよー。」と側近さんと私が言うと
「使えねぇなー。じゃぁ調べてわかったら教えて。」だと。
カッチーーーンと来たけど
「わかりましたよー」って笑顔で答えた。

いつもは大人対応の側近さんもこの時は腹が立ったと思う…。
カップコーヒーを飲み終えると片手でカップを潰して
ゴミ箱に叩きつけて入れてた。
いつもは冷静で温和な人なので
その姿を見て私は少し安心した…。

事務所に戻ると側近さんは
スグに社長と工場長に20代コンビに言われた事を言うと
「2人には社長と工場長で話してください。」と
最後の「」を強く言ってかなりムカついてますからの口調。
社長も一瞬顔色が変わったのがわかったけど
工場長がちょっと冗談を言って場を明るくしてくれた。

それからは休憩室に行っても側近さんは
20代コンビとは話さないし近寄らない。
コンビが話しかけて来ても私が答えてる。

この状況しばらく続くだろうな。

スポンサーサイト
  1. oshigoto
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




緊張感。 :: 2017/11/08(Wed)
リハが休みなので真っ直ぐ職場に。

そんな日は早めに出掛ける。
事務所ではすでにサクちゃんが
相変わらずお元気で「すみれの花咲くころ」を
熱唱しながら時には踊りながら掃除中。

声を掛けるのも躊躇してしまうほど
気持ちも身体も宝塚に入ってるんだな。
私も元気だったら絶対にお仲間入りをしたと思う。

サクちゃんは本当に愉しくて親しく話せるけど
No.1のおばちゃんと話すときは私は緊張して声が裏返る。
いつも休憩室の特等席に座っていて周囲を見回してる。
そこで呼ばれると何事かとドキドキしてしまう。

イメージは「湯婆婆」かな。
いつかブタにされちゃうんじゃないかと思うと愉しいけど
今日は…名前を呼ばれて手招きされた。怖かった…。

呼吸が一瞬止まって返事の声が裏返り
側に行くと「これやる。」と柿を2つ頂いた。
丁寧にお礼を言いましたが…
ブタではなくサルにされたかな。

いつも話しかけられると緊張する…。
緊張のあまり眠気も吹っ飛んでしまうから
ある意味…良いかな。

  1. oshigoto
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ワクワク。 :: 2017/10/31(Tue)
久々に忙しい月末。
締日と月末はリハをサボろうかと思うけど
今は仕事よりもカラダだ…と工場長に言われてから
リハビリを優先してしまう。
とてもありがたい環境で仕事をやらせてもらえる。

明日からは仕事も年末の準備に入る。
大げさな事ではないけど通信販売も行なうので
その準備がいろいろとあるんだな。
年末の注文も早いとこならそろそろ来るし
毎年、電話で注文をくれる岩手のおばあさんは元気だろうか。
って思い出すのは地方のお年寄りが多い。

電話応対はあまり好きじゃないけど
年末だけはそんな事も言ってられない。
進んで取ってしまうよ。

電話の向こうでおばあさんが話すと
ついつい…注文以外の話を聞かせてくれる。
方言で通じないときもあり
何度も聞き返しておばあさんと一緒に笑う。
それがまた愉しい…。

年末の準備は忙しいけど考えるとワクワクする。

  1. oshigoto
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




おばちゃんズ。 :: 2017/10/17(Tue)
仕事中にフッと作業場のほうをみると
窓からおばちゃんが手を振ってた…。

この私が見えてるんか…?と
半信半疑で小さく手を振りかえすと
前後左右にいたおばちゃん達も大げさに手を振ってきた。
何だか嬉しくなり私も椅子から転げ落ちないようにしながら
大げさな手振りを返して遊んでると
事務所の人たちから冷たい視線…。
愉しい時は愉しもうよ…と思ったけど言えない(笑)。

社長が選挙関連でお手伝いに行ってるのか
何なのかわからないけど昨日の午後からいない。
時々小声で電話が来るだけ。
いろいろと大変だなと思う。

そんな時に限って仕事は忙しく昼休みは
おばちゃん達の休憩室には行けず仕事だったので
気を使って手を振って遊んでくれたのかも知れない。
その気持ちを考えると嬉しくなる。

帰り時間、手を振ってきたおばちゃんの一人が
私に柿をひとつ持って来た。

何か嬉しくて…帰宅してから母といただいた。
んまかった。

  1. oshigoto
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




任せろよ。 :: 2017/10/14(Sat)
今朝も寒くて布団から出てもストーブの側から離れられず
で、温まるとそのままストーブの前で寝てしまう…。
何とか起きてお弁当を詰めて用意してイザ出勤。

事務所には工場長もサクちゃんもおらず主任さんがいた。
あまり話すこともないけど何か話さないとダメかな…の
空気が流れてたので「寒くなりましたね~。」と話しかけると
それから話が始まった。

主任さんはシングルファザー。
あまり詳しくは知らなかったけどそれだけは聞いて知ってた。
奥さんが他界してから娘さんと一緒に暮らしてる。
その娘さんは中学1年生…。
淋しくて毎晩お父さんの横に布団を敷いて寝てるそうで
中学生にもなって可笑しいよね。って主任さんは言ったけど
その時の主任さんの顔は会社では見せない父親の顔だった。

娘さんの気持ちを考えると辛くなるけど
「可愛い娘さんですね。」としか言えなかった。
すると主任さんは大きく頷いてた…。
父は強いな。

それからスグに
「本日、事務仕事が終ったら作業のヘルプ行きまーす。」と言うと
主任さんは笑いながら「当てにしてまーす。」って。

だから今日は張り切ったよ。
作業も検品も…任せろよ。です。

  1. oshigoto
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ