なつの出来事。

毎日のしょうもない出来事です。




懐古。 :: 2017/11/20(Mon)
今朝は路面の雪は凍っていて
リハに行くまでに事故が何軒かあった。
追突ではなく…滑って車が横向きになって警官も来てた。

道を閉鎖して通れず迂回すると懐かしい場所を発見。
もうないけど小さい頃住んでいた家の近辺。
5軒ほどが住んでいた長屋のような平屋で
6畳2間の我が家。お風呂はなかったので近くの銭湯へ行き
家具らしい家具もあまりなく机は1つしか置けず
寝る時も布団は3枚しか敷けず並べて家族5人で寝てた。

でもその頃、私は遠方の病院に入院してたので
外泊許可が出るお正月と学校の夏休み冬休みだけ
家に帰ってきて一緒に並んで眠れるのが嬉しくて
布団に入ると怖い話しをして騒いで怒られて本当に愉しかった。
本当に狭い家なんだけど狭いと思った事はなかった。

今日はその近辺を通って懐かしい話を母としたけど
いつでもみんなの顔が見れたからあの家は良かったと母が言った。

そうそう23日から数日、弟一家が来る予定が中止になり
両親は雪道だから来ない方が良かった…と言ってるけど
やはり淋しそう…。

今度、弟一家が来た時は温泉宿にでも行けたら良いな。

スポンサーサイト
  1. natsu
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




滑らない靴。 :: 2017/11/19(Sun)
夕方から雪が降ってきた。
まだこの時季だから積もらないと思うけど
薄らと辺り一面真っ白だ…。

誰も歩いてない道に足跡を付けるのが好きだったけど
今は、転ばないようにゆっくりと慎重に歩く。
足元が少しでもズルッと滑ると転倒した時の事を思いだして
そこから先を歩くのが怖くて固まってしまう。

去年も雪が深々と降ってる時にゆっくり歩いてると
父に「ちゃっちゃと歩けや。(早く歩け。)」と言われ
半べそかいて歩いたんだった。
今年は大丈夫だと思うけど雪道はやっぱり嫌だな…。
でもそんな事言ってもこれから春が来るまで雪道だ。
先ほど友人が来たので見送りに外に出てみたけど…滑るわ。

そう言えば忘れていたけど
「雪道でも滑らない靴」って言うのを叔母と一緒に買ったんだった。
サイズ違いでお揃いの薄紫色…。ご年配向きっぽい。
あまり履きたくなかったけど
まさに転ばぬ先の杖。
でも使用してる杖に裏切られたら…アウトだ。

どうか…明日の朝は気温が高くなり薄ら積もった雪が融けてますよーに。
そして薄紫色の滑らない靴がガラスの靴に変わってますよーに。

  1. natsu
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




悪天候。 :: 2017/11/18(Sat)
朝から暴風雨。そのうちに雷が酷くなり
雨もみぞれに変わり窓に叩き打ちつけるように降った。

仕事が休みで良かった…。
ところで拓也はどうしただろう…何か食べれたかな…と
雷が鳴る空を見上げてた。

朝食時に母と紅白歌合戦の話し。
知ってる人があまりいないから見ない。と言うので見ると
私も見ないかな…。

祖父母が元気でいたらガッカリしたと思う。
演歌大好きだったから音程がハズれても歌ってたし
せめて紅白だけはご高齢の方々が愉しめたら良いのに。
…って思う私は年取ったんだろうな。
母は…紅白は福山雅治だけ見るかな…って(笑)。
そこは私も見るよ。

拓ボンは雷が酷い時に両親と来まして
母が作ったお好み焼きとたこ焼きをしっかり食べて塾へ。
その塾に行く前私に小声で明日は寿司が食べたい。と。
私は笑ってしまった。

まだ全然元気じゃないのに元気に見せてくれるのが切ないな。

  1. natsu
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




拓ボンとキク。 :: 2017/11/17(Fri)
昨夜、妹一家は我が家で夕飯を食べ
その後は拓ボンは塾へ。妹夫婦は家に帰った。
帰って間もなく妹が泣きながら電話を掛けて来た。
誰もいない時に飼い犬が旅立っていたらしい。

拓ボンが4歳の時にもらって来た柴犬。名前は「キク」。
小さい時から一緒に育ってどんな時も散歩は拓ボンと。
来年は戌年だから年賀状は「キク」にするかな…と
昨日の夕飯時に私と話していたばかり。

拓ボンはずっと泣いていたようだけど
今朝はちゃんと学校に行ったらしい。
今日は学校からまっすぐ我が家に来る予定だったけど来ない…。
どうやら塾は休んだようで…ショックが大きいようだ。
どんな時も「キク」と一緒だったからな。

拓ボンが小学生の時、いつも通り「キク」の散歩に出かけた。
その時に首輪が外れて逃げてしまい泣きながら帰宅したことがある。
慌ててジジと探しに行ったけど何処を探してもいなくて
ジジと自分の家に戻ってみると「キク」は先に帰っていて拓ボンを待っていたらしい。
その時の喜びようは凄かった…。それは昨日の事のように覚えてる。
母と私も一緒に泣いたもの。

拓ボンは今日何も食べてないらしい。
食べたいものあるなら何でもおごるよー。と
携帯に連絡するけどスルーだ。
拓ボンのばあちゃんが連絡しても出ない…。
明日は荼毘に伏すそうだけど元気を出してほしい。

今は見守る事しかない。

  1. natsu
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




マッサージ。 :: 2017/11/15(Wed)
頸椎を怪我して数年が経つ。
最初はクビから下全身が麻痺状態。
入院し、手術を受けても足が少し動くだけだった。
でも全身には正座をした後のような痛い痺れが残ってた。
その後は月日を掛けてリハビリで歩けるまでなったけど
未だに両足の膝から下に痛い痺れは残ってる。

歩いている時も座ってる時も横になっていても
痛い痺れが治まる事はない…。
寒い日はもっと痛みが強い。
でも痛いのにもだいぶ慣れてしまった。
横になってる時や座ってる時は
同じ体勢をしないようにして酷い痺れにならないようにしてる。

以前、従業員のおばちゃんが
なつさんと同じような怪我をした小学生の男の子が
毎日マッサージを受けて治って元気になったって話だよ。と話してた。
でも1回のマッサージの金額が高額らしく
それを治るまで続けると家が数件建つらしいけど
その話が本当かどうかわからない(笑)。

でも以前に同じような話を聞いた事があるけど
そんな事で治るならみんな治してるべ…と思ってた。
でも再びその話を聞くと…マッサージも良いのかなと思い
自分で足全体を揉んでた。

最近、足の裏と足の甲の痺れが薄れてきてる事に気が付いた。
いやいや…マジかよ。と嬉しくなりマッサージは続けてる。
痺れてる足を揉むのは物凄く痛いけど
翌日は痛みも薄れ足が軽く上がる。

もっと早く気が付けば良かったけど
痛みが薄れるのは…最高。
もしかしたらゴットハンドかな…デへへへ。

  1. natsu
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



次のページ